JAたかつき

サービス紹介サービス紹介

信用事業

貯金、貸付(融資)、為替などいわゆる銀行業務といわれる内容の業務を行っています。
この信用事業は、JA・信連・農林中金という3段階の組織が有機的に結びつき、
「JAバンク」として大きな力を発揮しています。

貯金業務

貯金業務

組合員の方はもちろん、地域住民の皆さまや事業主の皆さまからの貯金をお預かりしています。当座貯金、普通貯金、貯蓄貯金、総合口座、通知貯金、定期積金、スーパー定期貯金などの各種貯金を目的・期間・金額に合わせてご利用いただけます。
公共料金、都道府県税、市町村税、各種料金のお支払い、給与振込等もご利用いただけます。特に年金の受け取り口座をJAたかつきに指定していただくと、「JAたかつき年金友の会」の会員となり、年1回の総会や各種イベントにご参加いただけます。


貸付(融資)業務

貸付(融資)業務

農業専門金融機関として、農業の振興を図るための農業関連資金はもとより、組合員の皆さまの生活を豊かにするための生活改善資金等を融資しています。
また、地域金融機関の役割として、地域住民の皆さまの暮らしに必要な資金や、地方公共団体、農業関連産業・地元企業等、農業以外の事業へも資金を貸し出し、農業の振興はもとより、地域社会の発展のために貢献しています。
さらに、日本政策金融公庫をはじめとする政府系金融機関等の代理貸付、個人向けローンも取り扱っています。


為替業務

全国のJA・信連・農林中金の店舗をはじめ、全国の銀行や信用金庫などの各店舗と為替網で結び、当JAの窓口を通して全国のどこの金融機関へのお振込・送金や手形・小切手等の取立が安全・確実・迅速にできます。

国債窓口販売

国債(利付・割引国庫債券)の窓口販売及び個人向け国債の取り扱いをしています。

サービス・そのほか

当JAでは、コンピューター・オンラインシステムを利用して、全国のJAでの貯金の出し入れや銀行、郵便局等でも現金が引き出せるキャッシュサービスや、各種自動支払いや給与振込サービス、口座振替サービスなどを取り扱っています。
また、本店ビルにおいて安全な貸保護函(貸金庫)を設置し、大切な財産をお守りするなど、いろいろなサービスに努めています。

共済事業

共済事業

JA共済は、JAが行う地域密着型の総合事業の一環として、組合員・利用者の皆さまの生命・家屋・財産を「相互扶助」の精神のもと「安心」と「満足」を提供しています。

「ひと・いえ・くるま」の総合保障で大きくサポート!!

JA共済は、組合員・地域の皆さまの暮らしのサポーターでありたいと考えています。「ひと・いえ・くるま」の総合保障で、毎日の生活を大きくサポートします。
JA共済の保障(商品)についてわからないことがございましたら、JAのライフアドバイザーもしくは窓口までご相談ください。
その他JA共済の詳しい情報はJA共済ホームページを御覧ください。


購買事業

購買事業

組合員・利用者のニーズに沿った質の良い有機・化成肥料・省力化農薬などの予約購買、引き取り制度、物流の集中化等により供給コストの低減に努めています。
また、農業生産資材を常時取り揃えた「緑彩館」を運営し、組合員・利用者の利便性向上に努めています。


販売事業

販売事業

総合営農センターで均一に精米された安全・安心の地元産米を地域住民、管内小・中学校用米飯給食、病院等に供給しています。
JAたかつきのお米は理想の肥培管理に基づく良質なお米です。ぜひ、ご賞味ください。JAたかつきのお米は、各支店、緑彩館、農風館で販売しています。
また、地元で採れたものを地元で食べる=地産地消運動を積極的に推進するため、農産物直売所「農風館」を運営し、管内農家組合員が作られた地元産野菜を販売しています。

農産物直売所

加工事業

加工事業

JAたかつきの特産品として本格手作り味噌「長慶味噌」、キュウリを酒粕で漬け込んだ「右近漬け」、地元産米の消費拡大に向け今注目されている米粉 純米米粉「ささめ雪」、ポン菓子「たかちゃん、つきちゃん」の製造・加工を行っています。
一部商品は農風館および緑彩館で取り扱っています。


利用事業

利用事業

地域農業を守るため、総合営農センターに共同利用施設ライスセンターを設置し農作業の効率化に取り組んでいます。
また、ふれあい加工センターや米粉三昧「ふっくら工房」など各種施設の利用促進に努めています。
このほか、総合営農センター、磐手支店、五領支店、阿武野支店、富田支店にコイン精米機を設置し、組合員・地域利用者に好評を得ています。

コイン精米機設置店舗

指導事業

営農活動

営農活動

地域農業の持続的発展を図っていくため、総合営農センターを拠点として、組合員の営農にきめ細やかな対応ができるよう専任の営農指導員による営農指導・相談活動を行うとともに、広報誌への営農記事の連載をはじめ、営農テレホンサービス、総合営農センターニュース、ふれあい農業塾、農業版電子図書館等により営農情報の提供に努めています。
また、農業と共生する地域をめざした遊休農地防止・解消、農地の保全を基軸とした地域環境の整備や、未来を担う子どもたちに農業への関心を深めてもらおうと「食農教育」の充実に取り組んでいます。


ふれあい農業塾

総合営農センター内の農業研修センターでは、100名を収容する研修ホールと3つの研修室を設け、新たに農業を志す人や農業技術の向上をめざす人を支援するためふれあい農業塾等を開催しています。この農業塾では、意欲的な担い手の育成、栽培技術の向上等をめざした農業経営コースとして野菜栽培講座や果樹栽培講座等を行っています。また、水稲栽培講座では稲作農家における世代の交代や女性の進出、新規就農及び定年帰農者など新たな動きが見られる中、経営の基本となる「ヒノヒカリ」「キヌヒカリ」を奨励品種として、その普及と定着による「地産・地消」運動の一層の促進を目的として行っています。他にも、食糧・農業に関するフォーラム等、「農」と「共生」の社会づくりをテーマとした講義も開講しています。
各講座は当JAの営農指導員をはじめ各方面から講師を招き講演、実習等もあり、受講者の方々から大変好評をいただいています。

受講についてのお問い合わせは
総合営農センター内ふれあい農業塾へお願いします。
TEL 072(671)1234

営農相談については、
営農経済部営農支援課(総合営農センター内)TEL 072(671)1234
までお願いいたします。

営農テレホンサービス

TEL 072(676)4039

※放送内容
8月1日~8月31日
水稲の稲穂、病害虫防除について

教育文化活動

教育文化活動

人と人との絆や地域コミュニティの重要性を再認識し、組合員・地域住民のくらしのニーズに対応した主体的な活動(女性会活動・ふれあい友の会活動)をJAの総合力を発揮して支援しています。
また、組合員大会や文化セミナーなど各種イベントによりJAと組合員・地域住民とを結びつける活動に取り組んでいます。
そのほか、JAの「理念」「思い」「大切にしたい考え方」を広めていく「地域協同活動」の一環として、協同意識をはぐくむため家庭雑誌「家の光」の購読普及に取り組んでいます。


広報活動

広報活動

「組合員・地域住民の快適な暮らし」を、「JAたかつきを基軸とした協同活動」を築いていくため広報誌を毎月発行するとともに、ホームページの活用、総合営農センターニュースの発行などを行っています。

広報誌「ふれあい」最新号

PDFで読む

そのほか

地域貢献活動

広報活動

地域に密着し地域の皆さまに喜ばれる金融機関としてその社会的使命を認識し、組合員の社会的・経済的地位を向上するため下記の活動を行っています。
1.地球温暖化防止に向け夏場のエアコン等設定温度を28℃に保つ「夏のエコスタイル・キャンペーン」の実施。
2.地域美化運動の実施。
3.緑の募金や赤い羽根共同募金、歳末助け合い運動などの社会福祉活動への協力。
4.組合員・地域利用者の資産を守るため、地元警察署と連携し振り込め詐欺等特殊詐欺被害未然防止啓発運動。
5.地域の祭事、スポーツ・レクリエーション貢献活動。
6.地域を主体としたふれあい祭や農林業祭等による「食」と「農」への理解促進、農業者と地域の方々とふれあう場の提供。
7.小学生向け食農教育の充実。