JAたかつき

JAたかつきについてJAたかつきについて

ごあいさつ

代表理事組合長 橋長 俊彦
代表理事組合長 橋長 俊彦

当JAのホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

JAたかつきは、大阪と京都の中間に位置する高槻市・島本町の1市1町をエリアとし、組合員をはじめ地域の皆さまにとって「地域に根ざした」「地域になくてはならない」協同組合として多岐にわたる事業展開を行っています。
管内は、いわゆる都市近郊農業地帯でありますが北部に広がる北摂連山の恵みを受け優良な農環境を形成し、その恩恵は数々の農産物に代表されるところであります。
当JAにおいても、地産地消を積極的に推進し安全・安心な地元産野菜を地域の皆さまにお届けするとともに、地元産米についても理想の肥培管理を徹底したブランド米として地域の方々に喜ばれています。

昨年度の大阪北部地震や台風21号による被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。当JAとしてもその被害補償に全力で取り組んでまいりました。また、有害鳥獣対策や営農支援活動など農家の耕作意欲保持に努めてきたところであります。
令和元年度はこれまでの7次にわたる総合経営計画、JAを取り巻く環境、情勢変化等を認識し、諸課題解決に向け、「農協改革等環境の変化を見通し」、「JA自らの手で進める自己改革を成し遂げる」ため第8次総合経営計画を策定し堅実経営に役職員が一体となって取り組んでまいります。

なお、当ホームページをきっかけに、より多くの方々に、私たちJAたかつきの取り組みを知っていただき、親しみをもっていただければ幸いに存じます。

経営方針

JAたかつきのめざす基本方向

  • 私たちJAたかつきは農業協同組合としての本分を忘れることなく、組合員の営農と地域農業への貢献を第一とします。
  • 私たちJAたかつきは地域に根ざした総合事業体として地域に開かれ、地域に貢献する事業活動を展開します。
  • 私たちJAたかつきは一にも二にも堅実経営を実践し組合員の信頼度を高め、その利用率向上と利用メリットの還元に努めます。

平成30年度末JAたかつきの概要

設 立 昭和42年2月
本店所在地 大阪府高槻市城北町一丁目15-8
出資金 10億4千万円
総資産 3‚170 億円
自己資本比率 23.17 %
組合員数 15‚247 人(内 正組合員 2‚304 人 准組合員 12‚943 人)
役員数 23 人
職員数 186 人
事務所及び事業所 本店1、支店17、
総合営農センター他5
組合員組織の状況 JAたかつき実行組合協議会 11地区
(99実行組合)
2‚334 人
JAたかつき農作業オペレーター部会   32 人
JAたかつき女性協議会 11地区 609 人
JAたかつき住宅経営研究会   265 人
JAたかつき年金友の会 12支部 10,757 人
JAたかつき農風館生産者クラブ 2クラブ 96 人
JAたかつき各種友の会 17友の会 685 人

沿 革

昭和42年 2月 市内8農協が合併し高槻市農協が誕生
5月 『高槻市農協情報』創刊
9月 樫田支所完成
昭和43年 3月 磐手支所完成
5月 第1回通常総代会開催
7月 農協会館(本所)完成
11月 高槻市農協婦人部協議会発足
昭和44年 9月 清水支所完成
11月 貯金残高100億円達成
12月 長期共済保有高40億円達成
昭和45年 3月 創立3周年記念大会開催
5月 高槻市農協住宅経営研究会発足
10月 機構改革で本所を本店に、支所を支店と事業所の名称を変更
昭和46年 1月 農業者年金の取り扱い開始
3月 地区実行組合長会発足
4月 高槻市農協地区実行組合長会会長協議会発足
  推進係制度発足
昭和47年 3月 創立5周年記念大会開催
11月 五領支店、芝生出張所(現、芝生支店)完成
昭和48年 10月 原出張所(現、原支店)完成
昭和49年 10月 国内為替取り扱い開始
  第1回高槻市農業祭開催
昭和52年 2月 創立10周年記念式典開催
3月 水稲育苗センター竣工
4月 大塚出張所(現、大塚支店)完成
9月 南北経済サービスセンター開設
11月 農業機械センター開設
12月 高槻市農協農作業受託部会発足
昭和53年 9月 農協貯金オンライン開通
10月 第1回8羽養鶏鶏卵コンクール開催
12月 北部経済センター(現、緑彩館清水店)完成
昭和54年 3月 南部経済センター完成
昭和55年 4月 駅前出張所開設
11月 唐崎出張所(現、唐崎支店)完成
昭和57年 1月 創立15周年記念祝賀会開催
6月 「大阪府協同組合運動発祥の地」記念碑本店前庭に建立除幕式挙行
10月 府下農協貯金ネットサービス開始
昭和59年 2月 機構改革で出張所を支店に名称変更
昭和60年 6月 資産保全センター開設
11月 長期共済保有高1,000億円達成
平成元年 8月 府下第1号の特定組合の認定を受ける
12月 第二次合併成立(阿武野農協、摂津富田町農協との合併を決定)
  貯金残高1,000億円達成
  協同会社高槻コープサービス㈱設立
平成3年 4月 農産物加工処理施設「ふれあい加工センター」完成
平成4年 1月 創立25周年記念祝賀会開催
6月 愛称「JAたかつき」がスタート
8月 農畜産物加工処理施設(現、農産物加工センター)完成
10月 第三次合併成立、一市一町を包含する広域JAとなる
平成5年 10月 第1回JAたかつき文化セミナー開催
平成7年 10月 長期共済保有高3,000億円達成
平成9年 2月 創立30周年記念式典及び記念文化セミナー開催
4月 第1次総合経営計画「リストラ・改革」スタート
9月 創立30周年記念「組合長杯」ゴルフ大会開催
平成10年 3月 長期共済保有高3,500億円達成
平成11年 3月 JA全中より全国優良農業協同組合表彰を受ける
4月 広報誌名を『ふれあい』に変更
12月 芥川東支店移転オープン
平成12年 3月 総合営農センター完成
4月 第二次総合経営計画「チャレンジ・変革」スタート
平成13年 2月 野田ATMコーナー新設
  ふれあい農業塾開講
3月 JAたかつき農作業オペレーター部会発足
平成14年 1月 JA信用事業システム(JASTEM)に移行
平成15年 1月 JAたかつきホームページ開設
4月 第3次総合経営計画「アタック・実践」スタート
10月 高槻支店統廃合
平成16年 1月 JAたかつき特製ポン菓子「たかちゃん・つきちゃん」発売
平成17年 2月 家の光協会より「家の光文化賞」「コチア産業組合中央会記念賞」を受ける
12月 貯金残高2,000億円達成
平成18年 4月 第4次総合経営計画「ダッシュ・改革」スタート
平成19年 3月 JA全中より「特別優良農協表彰」を受ける
  JA全中特別優良農協表彰受賞記念・創立40周年記念式典及び記念文化セミナー開催
8月 米粉たこ焼き「つきたこ」、純米米粉「ささめ雪」登場
  新たな女性会構想のもと新生女性会第1号として磐手地区女性会発足
平成20年 3月 新本店ビル完成
  樫田地区にブドウパイロット農園開設
4月 本店ビル地階で貸金庫業務スタート
  農産物直売所「農風館大手町店」オープン
10月 農風館大手町店生産者クラブ発足
平成21年 3月 農風館かしだ店生産者クラブ発足
  農産物直売所「農風館かしだ店」オープン
平成22年 2月 女性のつどい開催
平成23年 3月 三箇牧支店「ふれあいホール」完成
平成25年 6月 貯金残高2,500億円達成
平成26年 6月 農産物直売所「農風館大手町店」閉店
7月 農産物直売所「農風館野見町店」オープン
9月 山霧ぶどうジェラート・シャーベット販売
平成29年 2月 創立50周年記念式典開催

ディスクロージャー誌

当JAは、情報開示を通じて経営の透明性を高めるとともに、当JAに対するご理解を一層深めていくためにディスクロージャー誌を発行しています。

高槻コープサービス(株)

高槻コープサービス(株)

高槻コープサービス(株)は、JAたかつきが100%出資している子会社です。
近年、土地を取り巻く環境は大きく変わり、節税や将来設計、堅実投資など、農地を守りながら、長期的に見た確かな資産価値として土地の有効利用を考えていくことが大切です。
高槻コープサービス(株)は、組合員の皆さまの大切な資産である土地の特性を十分考慮し、マンション・アパートの経営、ショッピング施設・物流施設、駐車場経営など、その土地の魅力を最大限に活かすために最適の土地活用を提案しています。
また、JAたかつきの資産保全センターの管理を受託し、税務相談業務を毎月行っています。


主な事業内容

  • 不動産の所有及び運営管理
  • 不動産の受託管理、賃貸借、売買及び仲介
  • 不動産の利活用と施設施工事業
  • 事務用、通信用の機器、設備の賃貸及び売買
  • 損害保険代理業
  • JAたかつき資産保全センターの業務委託

免 許

宅地建物取引業者の免許番号
大阪府知事(6)40459

共栄火災海上保険株式会社代理店

イメージキャラクター紹介

美稲(みぃな)ちゃん

プロフィール

JAたかつき管内は古代より稲作が盛んに行われてきました。美稲ちゃんは、そんな昔ながらの早乙女をイメージしてデザインしたお米の妖精です。JAたかつきの豊かなみどりと水と特産のお米を表しています。美稲ちゃんはいつも地域の側に寄り添い、地域にさまざまなめぐみをもたらせます。

愛 称
美稲(みぃな)ちゃん
誕生日
2017 年2 月28 日
年 齢
不明
性 別
妖精
出身地
JAたかつき管内より自然発生
特 技
ふれあい音頭
好きなもの
野菜全般
性 格
いつも元気いっぱいで、人と人とが手を取り合い、お互いを尊重し認め合うよう頑張っています。農業が大好きで、農繁期には田畑の周りでめぐみの踊りを披露します。人とのふれあいを大切に地域の絆の糸をしっかりと紡いでいくように飛び回っています。